おしゃれな人が集まる職場
スタバのバイトで学んだこと

アルバイトでもプロ意識を持つ

私は大学に入った年に初めてアルバイトを経験しました。どうせやるならおしゃれなところがいいと考えていた私は、横浜公園のスターバックス・コーヒーで働くことにしました。関内駅まで一本でいけるところに住んでいたので、おしゃれなところというとまずそこが頭に浮かびました。しかし、横浜公園の近くには、赤レンガ倉庫や横浜中華街などの観光スポットがあるので、毎日多くのお客さまで賑わっておりとても忙しく大変でした。
そんな中でも、職場がおしゃれだと、従業員も自然とおしゃれな人が集まってくるのか、スタバのスタッフはセンスの良い人が多く働いていました。私もおしゃれをするのが大好きなので、周りの人の服装なんかをチェックして、おしゃれに磨きがかかったと思います。でも、アルバイトのみんなのすごいところは、見た目だけでなく中身もしっかりしていたところです。お客様が喜んでくれるには何ができるのか、それをみんなしっかり考えて行動していました。バイトデビューの人でも不安なく働けるように充実した研修があり、先輩スタッフも丁寧に教えてくれていました。そして頑張った人には時給アップのチャンスもあります。
アルバイトも社員さんも、理想とする店を作り上げるために、それぞれが主体性を持って働いていました。私はその後、いろんな場所でアルバイトをしましたが、スタバのスタッフほどアルバイトがプロ意識を持って働いていたところはありません。観光客が多く来る場所というのもあり、大都会の名に恥じない店にしようという意識がみんなの中にあったのではないかと思います。
あの店で働いた経験があったからこそ、私は今、どんな仕事でもプロ意識を持って働いています。